藤崎 優

Backlogでわかる炎上の見分け方、消し方

【講演概要】
株式会社オルターブースでは、受託開発を行う際、その時点でのできる限りの粒度で課題を作成し、スケジュールを組んでいきます。
場合によっては500以上のチケットを最初に登録し、消化を見ていきます。
課題作成という作業からみえる、
・タスクの粒度
・顧客とのコミュニケーション
・仕事の進捗の確認方法
といった話をさせていただきながら、炎上の見分け方、消し方、もっというと炎上する前にボヤをけすには?などお話させていただければと思います。

【プロフィール】
福岡のクラウドインテグレータ:株式会社オルターブース所属。
自社サービスとしてマイソースファクトリー、KOSMISCHを運営中。
ポン酢とマイクロサービスを掲げクラウド愛を叫ぶ日々