粟生 万琴

"男女不問?!"女性脳を活かしたプロジェクトマネジメント

【講演概要】
近年政府の積極的な働きかけもあり女性活躍と叫ばれていますが、あくまでダイバーシティ多様性を活かすということがプロジェクトの現場でも浸透してきましたね。男女という表現は、一つの抽象化レベルで語られることもありますが、マネジメントに必要な3つ要素「計画性」「表現力」「合理性」について本質的に考えながら、女性脳を活かしながらPM⇢管理職⇢AIベンチャー経営者としてのキャリアと、男性型になった時期のエピソードを交えながらお話します。

【プロフィール】
株式会社エクサウィザーズ 取締役/株式会社Job-Hub エグゼクティブ・フェロー
エンジニアとしてソフトウェア開発に従事した後、大手総合人材サービス会社にて社内ベンチャーを立ち上げ、Webアプリ開発に特化した事業を手掛ける。2012年 パソナテック初の女性執行役員に就任、新規事業、およびマーケティング責任者として、海外拠点タイ事業の立上げ(JV)、クラウドソーシングサービス(Job-Hub)の立上げ、産官学連携ベンチャー支援の責任者として従事。2016年 関西発AIベンチャー、株式会社エクサインテリジェンス(現 株式会社エクサウィザーズ)取締役就任。2018年6月 Job-Hub事業をパソナテックから分社後、株式会社Job-Hub エグゼクティブフェロー就任。